海外WiFiの通信制限について

海外WiFi通信制限

海外レンタルWiFiは、お手持ちのスマートフォンや携帯端末を海外で使用するよりも、安価にインターネットを楽しむことが出来る。プランによって、通信容量が決まっており、その容量の中でインターネットを利用できる。容量を超えると、通信速度の低下/利用の停止が生じる他、会社によっては追加料金が発生することもあるので注意しよう。
また、容量が無制限のプランもあるが、フェアユーセージポリシー(Fair Usage Policy)という国際的な通信量に関するルールが存在しており、大量のデータ通信は禁止されている。YouTubeのような動画サービスの利用や、アプリのダウンロード、ソフトウェアアップデート等のデータ容量がかさむサービスの利用は控えること。

フェアユーセージポリシー(Fair Usage Policy)とは

フェアユーセージポリシー(Fair Usage Policy)とは、各国の通信会社が定めているポリシーで、公平なインターネット通信環境を提供するための国際的な通信ルールだ。一部の大量データ通信を行うユーザーによって、その他大勢のユーザーの通信環境が劣化することを避けるために定められており、一定の通信料を超えると通信制限がかかる。動画サービス等を利用すると、気づかないうちにポリシーに抵触してしまい、通信速度が遅くなったり、最悪の場合は利用できなくなる場合もあるので注意しておこう。 以下、主要海外WiFiレンタル会社によるフェアユーセージポリシーの説明を紹介しておく。

■Wi-Ho!
世界の通信会社が制定した、電波の公平な利用のための方策です。当社の定額制データ通信商品「Wi-Ho!®」は、現地回線の直接利用により、一般的なご利用においては充分なデータ容量を提供しております。しかし、ネットワーク品質の維持および公平な電波利用の観点から、国内外の通信会社では、短期間に大量のデータ通信を行うユーザーに対して、通信量の制限を行う場合があります。その場合、インターネットに接続ができなくなる、または極端に通信速度が落ちることがあります。 上記理由により、通信の制限が発生した場合、商品の利用期間中での復旧ができなくなります。動画の閲覧、ネット通話、大容量ファイルのダウンロード、オン ラインゲームなどは極力お控えください。万が一利用制限が発生しても、その期間の利用料金はかかります。


■グローバルWiFi
すべてのお客様に公平公正な通信の利用を担保するため、ご利用になる通信会社の政策もしくは弊社の判断により、申込者または利用者がWiFiルーター等通信機器で過大かつ過剰なインターネット通信(1日のパケット通信料250MB以上)を行った場合、利用中断または利用制限を行うことがあります。また、WiFiルーター等通信機器を経由して動画等ストリーミング・VOIP・FTPオンラインゲームなど負担の大きなインターネット通信について、通信プロトコルにより利用制限を行う場合があります。これらの中断やインターネット通信制限が生じた場合でも、料金の返金は行わないものとします。


■イモトのWiFi
(1)グローバルデータは、現地通信業者の回線を利用しており、メールの送受信、ネット検索、地図の閲覧、コミュニケーションアプリ等一般的な利用において、充分なデータ容量を提供しております。 しかし、ネットワーク品質の維持および公平な電波利用の観点から、現地通信業者によっては短期間に大量のデータ通信を行う利用者に対して、通信制限を行う場合があります。 また特定の利用方法に関しては、現地通信事業者の判断により通信制限を行う場合があります。特に動画の閲覧、ビデオ通話、大容量ファイルのダウンロードおよびアップロード(送受信)、オンラインゲーム等は極力お控えください。 なお、通信制限に抵触した場合、インターネットに接続ができなくなる、もしくは極端に通信速度が落ちる状態となり、申込者の利用期間中に通信が復旧しない場合があります。 これらの通信制限に抵触した場合、当社は一切その責任を負わないものとし、申込者は利用料金を支払うものとします。 ※当社が提供する通信速度は国や状況によって異なり、速度を保証するものではありません。 (2)一部の国およびプラン(周遊プラン等)においては、FUPの施策により、利用者が過大かつ過剰な通信(当日を含む直近3日間のパケット通信量が400MB以上)を行った場合、通信制限を行うことがあります。これらの通信制限に抵触した場合、インターネットに接続ができなくなる、もしくは極端に通信速度が落ちる状態となり、申込者の利用期間中に通信が復旧しない場合があります。これらの場合でも、当社は一切その責任を負わないものとし、申込者は利用料金を支払うものとします。