バリ島で使えるレンタルWiFi比較

HowTravelWiFi比較の特徴

HowTravel限定割引

HowTravelサイトからWiFiをレンタルすると
最大70%OFFの特典付き
公式サイトから直接申し込むよりもお得!

総額で比較

返却配送料まで含めた総額比較はHowTravelだけ!*
従来の比較サイトとは異なり、本当に安いWiFiが分かる!
*2017.8.20HowTravel調べ

28ブランドを一括比較

比較ブランド数は、国内最多級の28ブランド
HowTravelは16ブランドの正式代理店として
HowTravel限定割引を提供中!

比較条件絞り込み

    • 受取
    • 受取方法
    • 受取場所
    • 返却
    • 返却方法
    • 返却場所
    • 利用日数
並び替え:

バリ島のWiFi事情

バリ島の風景

世界中から多くの観光客で賑わうバリ島。治安も良く、美味しいグルメと綺麗な海を満喫すれば、最高の時間を過ごせること間違いなしだろう。日本人にも非常に人気のあるリゾート地で、バリ島にやってくる観光客では中国人、オーストラリア人についで日本人は3番目に多い。

今回は、バリ島のWiFi事情について紹介していく。観光の予定がある人は、ぜひ参考にしてほしい。

バリ島のWiFiスポット充実度

世界有数の観光地というだけあってWi-Fiサービスはかなり整っている。日本よりも便利だと言えるだろう。ホテルや空港はもちろん、街中のカフェやレストランにも無料WiFiがあるのが一般的だ。

ただし、インターネット速度についてはまだまだ改善する必要がありそうだ。実際、使っていて、通信の遅さにストレスを感じることがあるだろう。数年前までバリ島のインターネット事情はかなりひどく、ここ最近で大きく改善した。それを考えると、仕方ないのかと思うべきかもしれない。

バリ島のカフェやレストランでのWiFiの使い方

イギリスのカフェでWiFiを満喫 観光地や都市部にあるほとんどのカフェやレストランで、無料WiFiが利用可能だ。観光地ならまずインターネットに困ることはないと思ってもいいくらいで、こじんまりとした小さなカフェや地元の人向けの食堂にも無料WiFiが提供されていることが多い。

カフェやレストランでは、基本的にネットワークにパスワードを設定しているところが多く、店内の壁にパスワードを書いた紙が貼ってある場合やテーブルの上に書かれている場合がある。店員にパスワードを聞く必要のある場所もあるので注意。

もしパスワードや接続方法が分からなければ、店員に聞いてみよう。ここでは、パスワードが店内に用意しているカフェの接続方法について紹介する。
WiFiスポットを探す

ドアや入り口付近にある「Free Wi-Fi」という表示を探す。メニューが書かれた看板に手書きで「Free WiFi」と書かれている場合もある。

接続

使用するデバイスのWiFi機能をオンにする。WiFi選択画面にその店のネットワーク名が表示されるのでタップする。もし分からなければ、躊躇せず店員に聞いてみよう。

壁やテーブルに表記されているパスワードを入力する。

WiFi利用開始

無事接続できたら、インターネットを楽しめる。パスワードを入力しても接続しない場合は店員に聞いてみよう。たいてい、紙にパスワードを書いて持ってきてくれるようだ。また、新しいカフェやレストランなら、電子機器を充電できるサービスがある場合もあり、非常に便利。

WiFiが利用可能なバリ島のカフェやレストラン

■ファーストフード
・マクドナルド
・Fat tony’s (ファット トニーズ)
・Man Frydays (マン フライデイズ)
・Happy Falafel (ハッピー・ファラフェル)
・Swich (スウィッチ)
・Yo! Noodles (ヨ!ヌードルズ)
・Street Boi (ストリートボーイ)
など

■カフェ
・ケブンビストロ(Kebun Bistro)
・カフェ・ベスパ(Cafe Vespa)
・Watercress Ubud
・Kopi Desa Ubud
・キャラメル・パティシエ&カフェ(Caramel Patisserie and Cafe)
・Tuck & Trap, Kerobokan
・The Coffee Library Seminyak
・スカエスプレッソ(Suka Espresso)
など

■パブ
・ドベテイル(Dovetail)
・ミスターボブバー&グリルヌサデュオ(Mr. Bob Bar and Grill Nusa Duo)
・ラッキーデイ(Lucky Day)

■レストラン
・プリンシプル バリ(Principle Bali)
・Warong Legong
・BLANCO par Mandif
・ビキニ(Bikini )
・ハニービーズ(HoneyBees)
・Kultur
・バッッブーバー&グリル(Bamboo Bar & Grill)
など

バリ島の空港でのWiFiの使い方

飛行機 バリの玄関口「デンパサール空港(ングラ・ライ国際空港)」では、無料WiFiが利用できる。しかも、Wi-Fi速度が世界で第6位になったこともあるほど快適なインターネット体験が可能だ。ある一定時間を過ぎると自動的に接続が切れるようになっているが、再度接続すれば利用できる。

ここでは、バリ島に訪れる際に利用するであろうデンパサール空港の無料WiFiの接続方法について紹介する。
接続

空港内で使用したい端末のWiFi設定をオンにする。Wi-Fi選択画面で「@NgurahRaiAirport」が表示されるので、タップする。

起動&入力

しばらくするとログイン画面が表示される。右上から言語設定できるが、「Bahasa」の状態にしておく。画面を下のスクロールしていき、「Lanjuktan」とをタップする。これで完了だ。■言語を変更してしまうと、ログインができなくなる場合があるので。

WiFi利用開始

少しするとログイン完了になるので、これでインターネットが楽しめる。空港内にはコンセントも完備されているので、仕事でパソコンを使う人やスマートフォンなどを充電したい人に便利だ。

WiFiが利用可能なバリ島の空港

・デンパサール空港(ングラ・ライ国際空港)
など

バリ島メトロやバス等公共交通機関でのWiFiの使い方

バリ島には電車はないが、移動する際はバスが便利だ。特に2014年にサービスを開始した「KURA-KURA(クラクラ)バス」がバリ島内移動に便利なので非常に人気を集めている。全8路線あり、DFSとクタ・レギャン・スミニャック地区を結ぶルートなど、バリ観光には欠かせない移動手段だ。

ここでは、「クラクラバス (KURA-KURA BUS)」の無料WiFiサービスの使い方について紹介していく。
接続

バスに乗車したら、端末のWiFi機能をオンにする。クラクラバスのネットワークを選択。バス内にパスワードを記載したステッカーが貼っているので、それを入力する。コンセントも完備されている。

WiFi利用開始

これで完了だ。移動中も快適なインターネットが楽しめる。

WiFiが利用可能なバリ島の公共交通機関

・クラクラバス(KURA-KURA BUS)
など