マレーシアで使えるレンタルWiFi比較

HowTravelWiFi比較の特徴

HowTravel限定割引

HowTravelサイトからWiFiをレンタルすると
最大70%OFFの特典付き
公式サイトから直接申し込むよりもお得!

総額で比較

返却配送料まで含めた総額比較はHowTravelだけ!*
従来の比較サイトとは異なり、本当に安いWiFiが分かる!
*2017.8.20HowTravel調べ

28ブランドを一括比較

比較ブランド数は、国内最多級の28ブランド
HowTravelは16ブランドの正式代理店として
HowTravel限定割引を提供中!

比較条件絞り込み

    • 受取
    • 受取方法
    • 受取場所
    • 返却
    • 返却方法
    • 返却場所
    • 利用日数
並び替え:

マレーシア のWiFi事情

マレーシアの首都、区アラルンププール

マレーシアはネット環境が発達していて、田舎にいかない限りほとんどのカフェやレストラン、そのほか公共の施設でフリーWiFiを利用することができる。少しでも通信料を節約したければ、ホテルの有料WiFiを利用せずにこうした街中のフリーWiFiを利用するのもひとつの手だ。

なお、マレーシア中心部を旅行する際にはフリーWiFiでも事足りるが、海やジャングルなどの大自然を満喫したいという人はポケットWiFiを常備しておくと安心だ。

マレーシアのカフェやレストランでのWiFiの使い方

マレーシアのカフェでWiFiを満喫 カフェやファーストフードのチェーン店であれば、ほぼ確実にフリーWiFiに接続することができる。個人経営のお店でもフリーWiFiを利用できる店は非常に多いので、まずは店先に「WiFi」のマークがあるかチェックしてみよう。ショッピングモールやフードコートといったスポットでもWiFiを利用できるところがある。

ただし、カフェやレストランのフリーWiFiにはパスワードがかかっていることが多く、接続方法には大きく分けて以下の3通りがある。

①初回ブラウザ起動時に接続画面が表示されて、そのまま使用できる
②レシートにパスワードが記載されていて、パスワードを入力すると使用できる
※例えば、スターバックスではレシートにパスワードが記載されているため、捨てないように注意が必要だ。「Starbucks network by Orange」というネットワークを選択して、レシートに記載されているパスワードを入力するとWiFiに接続できる。
③スタッフにパスワードを教えてもらい、パスワードを入力すると使用できる

今回は、マレーシア内に200以上の店舗を持つ代表的なコーヒーチェーン「OLD TOWN WHITE COFFEE(オールドタウンホワイトコーヒー)」を例にWiFiの接続方法を紹介する。
フリーWiFiを選択

入店し席に着いたら、手持ちの端末を使ってWiFi接続画面を開く。店名である「OLD TOWN WHITE COFFEE」と書かれたネットワークを選択。

接続

ログイン画面が立ち上がったら、レシートに印字されているパスワードを入力する。パスワードや接続方法がわからない場合は店員に聞いてみよう。

WiFi利用開始

オールドタウンホワイトコーヒーのフリーWiFiは、無制限に利用できるので調べ物や時間つぶしにもぴったりだが、店舗によって提供されているWiFiの速度が異なるので注意が必要だ。容量の大きい添付ファイルのやり取りや、動画の視聴などを目的にしているのであれば、回線速度の早いWiFiを提供している店舗に行くこと。

店舗ごとの提供されているWiFi回線速度は、公式HPから確認できる。GPSをONにしておけば、今いる位置から最寄りの店舗が知れるので便利だ。WiFiの速度が「NULL」と表示されている店舗ではWiFiの提供がないので注意しておこう。

公式ホームページはこちら

WiFiが利用可能な マレーシア のカフェやレストラン

■カフェ ・スターバックス
・オールドタウンホワイトコーヒー(Old Town White Coffee)
・コーヒー ビーン(Coffee Bean & Tea Leaf)
・ドーム カフェ(DOME Cafe)パシフィック コーヒー(Pacific Coffee)

■ファーストフード マクドナルド(McDonalds)
ケンタッキーフライドチキン(KFC)
など

マレーシアの空港でのWiFiの使い方

クアラルンプール国際空港 マレーシアではほとんどの国際空港でフリーWiFiに接続可能だ。以下ではクアラルンプール国際空港でのWiFi接続や利用方法を説明する。

パスワードも必要なく非常に便利だが、3時間という利用制限があることに留意したい。より長時間WiFiを利用したいという場合には、空港内のフリーWiFiがあるカフェやレストランに入店するのもひとつの手だ。
フリーWiFiを選択

空港に到着したら、手持ちのデバイスのWiFi接続画面を開き「[email protected] KLIA」を選択する。このとき、不必要な通信料金が発生しないために、データローミング設定等の機能はOFFにしておくこと。

接続

ログインページが現れるので、画面にある「lick to Surf(接続開始)」を押す。以上で接続は完了。

WiFi利用開始

無事にフリーWiFiに接続できたら、次の目的地を調べるなど自由に活用しよう。ただし、空港内のフリー WiFiは3時間という利用制限があることに注意したい。

WiFiが利用可能な マレーシア の空港

・クアラルンプール国際空港
・コタキナバル国際空港
・クチン国際空港
・ペナン国際空港
など

マレーシアメトロやバス等公共交通機関でのWiFiの使い方

公共交通機関や主要駅でもフリーWiFiが利用できる場合がある。今回はKLIAエクスプレス(クアラルンプール国際空港とターミナル駅「KLセントラル」を約30分で結ぶ特急列車)でのWiFi接続方法を紹介する。
フリーWiFiを選択

KLIAエクスプレスに乗車したら、手持ちのデバイスのWiFi接続画面を開き「YES Better Internet For All」というネットワークを選択する。パスワードは必要なく、そのままインターネットに接続できる。

WiFi利用開始

空港からKLセントラル駅まで、4Gのインターネットが自由に利用可能だ。

WiFiが利用可能な マレーシア の公共交通機関

KLセントラル駅や、LRTやKTMが発着する主要駅でフリーWiFiが利用できる。移動前後の目的に確認に活用しよう。